EDと病気の関係とは

edと病気

 

★こっそりEDを解消したいなら!★
  ↓       ↓
こっそり・簡単にEDを解決する

 

 

 

 

 

edと病気の関係

EDと病気の関係についてご紹介します。
EDは勃起不全や勃起障害とも呼ばれる通り、edも病気の一種だと言えます。
然し、edは病気と言っても、それ程重篤な病気と言う訳ではありません。
EDと病気の関係で一番怖いのは、ある病気がEDを引き起こしたり悪化させたりすることです。

 

この病気とEDには注意


edと病気の中で一番気をつけなければならない病気は生活習慣病です。
その中でも糖尿病には十分気をつけなければなりません。
他にも、高血圧や肥満等もEDの原因となったり、
勃起不全の症状を悪化させたりする危険性があります。

 

ポイントは血液と血管と神経

ED(器質性)は、血液と血管と神経が原因となり発症する
性機能障害(勃起障害)ですので、edを考える上では
血液と血管と神経が重要なポイントとなります。
(心因性edは除きます) 

 

糖尿病や高血圧は、お互いに連携して血液を汚して、
血管を傷つけ(動脈硬化)、最終的には神経障害を引き起こします。

 

高血圧は動脈硬化を作り、更には糖尿病を発症させる原因となります。
糖尿病になると、血液と血管と神経の全てを悪化させてしまいます。

 

糖尿病患者に、インポテンツ(ED)がとても多いのは、この様な理由によるものです。
そして、肥満は高血圧も糖尿病も引き起こす大きな原因です。

 

EDと病気を防ぐには

糖尿病や高血圧等の生活習慣病とEDを予防するには、同じ方法で出来ます。
それは、生活習慣を、良い状態に改善していくことです。

 

生活習慣の改善には、大きく分けて、
食事と運動、睡眠、ストレス対策などが必要になってきます。

 

食事・・・高タンパク低カロリーのメニューにして食べ過ぎを防ぐ。
     また、1日3食規則正しい時間にバランスよく食べる。
     中高年になり精力が低下してきたと感じるようなら
     亜鉛などの精力増強効果のある成分も取り入れる

 

 

運動・・・ED対策と生活習慣病対策を目的に行う運動は有酸素運動が適しています。
     ウオーキングやジョギング、スイミング等が代表的な有酸素運動ですが、
     20分〜30分程度の散歩でも十分効果はあります。

 

 

睡眠・・・睡眠時間は十分確保して下さい。
     睡眠不足が続くと疲れが溜り、血液も濁り様々な病気を引き起こしやすくなります。
     その中には当然、糖尿病なども含まれます。

 

 

ストレス・・・ストレスは身体に全然問題が無くてもEDを引き起こす原因となります(心因性ed) 
       他にもストレスは血液をどろどろにしたり、血管を傷つけ動脈硬化を作る
       活性酸素の害を強力にしますので、生活習慣病を起こす大きな原因です。
       トレスは溜め込まないように定期的に気分転換に勤めましょう。

 

 

他にも関係がある症状
EDに関係ある症状を上げると、肥満、老化、前立腺肥大、生活習慣病
(特に糖尿病と高血圧、高脂血症)等です。

 

これらの症状を改善したり緩和させる行動は
同時に勃起不全の予防や改善につながります。

 

★薬に頼らずEDを改善したい方へ!★
  ↓         ↓
★EDマニュアル人気NO1★
一日3分でEDが治ります。

返品保証付きなので安心して試せます。
【DVD】超簡単!毎日3分〜勃起不全改善法
すご〜くお得なED改善マニュアル
EDのお薬2個〜3個分で悩み解消!
それでも返品保証付き
思春期の勃起力を取り戻す方法 −Men's Revival−

 


EDと病気の関係とは関連ページ

糖尿病とED
糖尿病とEDについて健康管理士の管理人がご紹介しています。糖尿病と勃起不全対策ならこのページです。
高血圧とED
高血圧とEDのページでは、健康管理士の管理人がEDと高血圧の関係についご紹介しています。
うつ病は勃起不全を引き起こす
うつ病は勃起不全を引き起こすってご存知ですか?うつ病と勃起不全の関係について解りやすくご紹介!さあ、男の自信を取り戻しましょう。